よこっぴの副業塾

将来のお金の心配をなくすことを目指して実践してきた副業・投資・資産運用方法(節約等も含め)を公開していきます。

Kyashの使い方|特徴から登録方法、リアルカード、利用制限まで徹底解説

f:id:yoko500:20180808201312p:plain

最近個人間の送金サービスって増えてきたね。

そうだね。それぞれ特徴があって面白いよね。

でもどれ使っていいか分からんねん。どれがお得なん?

じゃあ今日は盛り上がってきてるFintech業界からオススメの1社を紹介しようか。

 

というわけで、今日の記事では、今注目の個人間送金&決済アプリである「Kyash」をご紹介します。

 

この記事をオススメする人

①「Kyash」の特徴(メリット・デメリット)が知りたい。
②「Kyash」の使い方が知りたい。
③「Kyash」の登録方法が分からない。
④リアルカードとは何か知りたい。
⑤キャッシュバックについて知りたい。
⑥「Kyash」の利用制限について知りたい。 

 

ちなみに、ブログに載せてないような細かいお得情報はインスタで投稿してます。

よかったらご覧ください。

www.instagram.com

 

Kyashの特徴は?

f:id:yoko500:20180801220237p:plain

「Kyash」はアプリ上に発行される「バーチャルカード(Kyash Visa カード)」を用いてネットショッピングの決済を行ったり、友達同士の送金に利用できるモバイル決済・送金サービスです。

 

実店舗でも使える「リアルカード」が登場したことにより、爆発的にその利用範囲が拡大しました。

また、そのキャッシュバックの還元率の高さやポイントの2重取りが可能なお得さから、最も注目されているウォレットアプリの一つです。

 

Kyashで何ができる?

「Kyash」は国内初の仕組みとして、個人間送金アプリの提供を開始しました。

2017年4月のサービス開始から8ヶ月で20万ダウンロードを記録しており、2020年には国内ユーザー1,000万人を目指しているようで、キャッシュレス化へ向けた様々な施策を打ち出しています。

 

「Kyash」でできることは大きく分けて以下の3つです。

①「Kyash」にチャージする(チャージ機能)
②買い物の決済に使う(プリペイドカード機能)
③個人間で請求・送金を行う(割り勘機能)
 

手数料はかかる?

「Kyash」は完全手数料無料です。

チャージでも買い物でも送金でも手数料はかかりません。

お〜。ありがたいけど、それで成り立つの?

 「Kyash」で買い物をするとVisa加盟店からの決済手数料がKyashに支払われるので、ユーザーは無料で利用できる仕組みになってます。 

 

どこで使えるの?

「バーチャルカード(Kyash Visa カード)」を用いて、世界中のVisa加盟店でオンラインでの買い物に利用できます。

例えば、Amazon楽天市場ZOZOTOWNをはじめとした多くオンラインショップで利用可能です。
 

また、 「リアルカード」の登場によって、実店舗でのVisa加盟店でも利用できるようになりました。

例えば、コンビニはもちろん、Visaカードが使えるレストランや美容院など様々な店舗で利用可能です。
 
ただし、公共料金などの継続的な支払いが必要な場合は利用できない場合があります。

危険はないの?

Kyashは国際セキュリティ規格PCI DSSに完全準拠しており安心感があります。

PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)とは、カード会員情報の保護を目的として、国際ペイメントブランド5社(アメリカンエキスプレス、Discover、JCBマスターカード、VISA)が共同で策定したカード情報セキュリティの国際統一基準です。

また、個人情報についても保護認証のTRUSTeを取得しており、個人情報保護法よりも高い水準でプライバシーの保護がされています。

機能面においても、指紋認証や端末とは別に設定できるパスコードによりさらに安全に利用できるよう工夫がされています。

簡単いうと、ものすごく安全な設計になっているということです!

 

メリットは?

実際使用していて感じるメリットは以下の4つです。

①個人間送金がものすごく簡単で手数料無料
②ネットでもリアル店舗でも使えないお店がほとんどない
③キャッシュバック率が業界最高レベル
④キャッシュバック+クレジット決済ポイントの2重取りが簡単

①については、飲み会の割り勘や、兄弟での母の日のプレゼントの立て替えをする時に、 これまでは現金受け渡しや銀行振込で対応していたものが、「Kyash」を使えば携帯アプリでシュッとするだけで終わりますw

 

これまでの現金下ろす時間や、かかっていた手数料が本当にもったいなかったなと今となっては思います。

 

②についても、ネットでVisaカードで決済できないお店はほとんどないですし、実店舗でも「リアルカード」さえ持っていればVisa加盟店は多いので、「現金支払いのみ」という古いお店以外は利用できています。

 

③と④については、後述の「キャッシュバックについて」で詳しく解説します!

 

デメリットは?

利用していて感じるデメリットはほとんどありませんが、あえてあげるとすれば「現金化できない」ということでしょうか。

ただ、アプリ上の残高は、現金と同じようにネットや実店舗で利用できますので正直困ることはありません。 

 

Kyashを新規に登録する方法

f:id:yoko500:20180801220409p:plain

Kyashを新規に登録する手順は大きく分けて3つあります。

①アプリをダウンロード
②メールアドレスと電話番号を登録
③アプリ上で「Kyash Visa カード」が発行

マイナンバーカードや運転免許証の提出」といった面倒な本人確認がありませんので、登録は非常に簡単で1〜2分あれば終わります。 

 

なお、アプリのダウンロードは以下の公式サイトから可能です。

kyash.co

 

アルカードって何?

f:id:yoko500:20180802203508p:plain

「リアルカード」はVisaブランドのプラスチックカードで、実店舗で利用可能です。

アプリ上のバーチャルカードを具現化したもので、「バーチャルカード」と「リアルカード」は同一のカードという扱いになります。

 

アルカードの手数料や年会費は?

発行手数料や年会費は「無料」です。

とにかくKyashは無料・手間いらずというユーザーに優しいのが特徴です。

 

申し込み方法と流れは?

f:id:yoko500:20180802204724p:plain

申し込みは簡単3ステップで終わります。

①パソコンやスマホから申し込み
【こちらをクリックすると公式サイトの申し込みフォームが開きます】 
②後日郵送でカードが届く
③Kyashアプリをダウンロードしてカード情報を入力する 

 

既にKyashアプリをダウンロード済みで「バーチャルカード」を持っている場合は、「リアルカード有効化」の作業が必要になります。

詳しい方法はこちらをご覧ください。

support.kyash.co

なお、「リアルカード」有効化に伴い、「バーチャルカード」の情報が「リアルカード」の情報に上書きされます。

 

残高や登録情報はそのまま引き継がれますが、カード番号などが変更されますので、もともとの「バーチャルカード」の情報をネットショッピングのサイトで登録していた場合は、「リアルカード」と同じ番号に登録し直す必要がありますのでご注意ください。

アルカードをなくした場合の対処法は?

こちらの記事で図解で説明しています。

www.yoko500.com

 Kyashにチャージする方法

Kyashにチャージする方法は以下の3つです。

①登録カードで自動チャージ
②コンビニチャージ
ペイジー(銀行)チャージ
セブン銀行ATMチャージ ←2018年10月22日追加

 順番に説明していきます。

 

①登録カードで自動チャージ

KyashにはVisa/Mastercardのクレジットカード、デビットカード5枚までを登録できます。

自動チャージは、送金・決済時に残高の不足があった場合に、その不足分を登録されたカードから自動でチャージされるというものです。

 

カード登録の方法は?

1.Kyashアプリ上でウォレットタブを開き、「カード Visa/Mastercard」をタップ

f:id:yoko500:20180802214730p:plain

2.クレジットカードの番号をカメラで読み取る

f:id:yoko500:20180802214811p:plain

※番号がうまく読み込めない場合は、「手動で入力」をします。

3.「カードの登録」ボタンをタップして完了

 

登録カードの切り替え方法は?

幾つかのクレジットカードを登録している場合に、支払い元になるカードを切り替えるには、Kyashアプリ上のウォレットタブ画面で、使用したいカードを選択することで切り替えが可能です。

f:id:yoko500:20180802213635p:plain  f:id:yoko500:20180802213653p:plain

 

②コンビニチャージ

コンビニからのチャージも可能です。

まずアプリで「チャージ申請」を行い、コンビニで入金します。

 
チャージ申請・チャージの方法は?

1.Kyashアプリのウォレットタブでチャージする>コンビニを選択する

f:id:yoko500:20180802220146p:plain

 

2.希望の金額を選択(初回のみ名前も入力)し、「チャージ申請」をタップ

f:id:yoko500:20180802220121p:plain 

 

3.コンビニ端末で発券してレジで支払いチャージ完了

 

ペイジー(銀行)チャージ

 ペイジーを使って銀行ATMからチャージが可能です。

まずアプリで「チャージ申請」を行い、銀行ATMで入金します。

 また、ネットバンキングを利用することもできます。

 

チャージ申請・チャージの方法は?

1.Kyashアプリのウォレットタブでチャージする>ペイジー(銀行)を選択する

f:id:yoko500:20180807201127p:plain

 

2.希望の金額を選択(初回のみ名前も入力)し、「チャージ申請」をタップ

f:id:yoko500:20180807201316p:plain

 

【注意点】
◆残高が3万円以上の場合はチャージ申請、チャージできません。
◆1日(24H)にコンビニ・ペイジー(銀行)での申請総額が30,001円以上ある場合は申請できません。
◆チャージ最低金額は3,000円からになります。

◆申請をキャンセルしたい場合は、入金せずに72時間待てば自動的にキャンセル

になります。

 

セブン銀行ATMチャージ 

2018年10月22日からセブン銀行ATMチャージに対応開始しました。

1,000円以上1,000円単位でチャージ可能です。

チャージ方法は以下のとおりです。

f:id:yoko500:20181023220932j:plain

※ATM画面上でカードを入れるよう指示がありますが、カードは入れないようご注意ください。

 

レジを通さなくてもATMだけで完結するのが嬉しいところです!

 リアルカードは発行していなくてもアプリがあればチャージ可能です。

【注意点】
◆アプリのメニュー画面に「セブン銀行」が出てきていない場合は、アプリを最新の状態にしてください。
◆お釣りは出ないので、チャージ金額分の紙幣を用意してください。
◆硬貨は使用できません。

Kyashで友達に送金する方法

友達に送金する場合は、

①Kyashを利用している人に送金する

②Kyashを利用していない人に送金する

で少しやり方が異なりますので順に説明します。

 

①Kyashを利用している人に送金する

1.Kyashアプリを開き、ウォレットタブから「送金」をタップ

f:id:yoko500:20180807205814p:plain

 

2.「相手を選ぶ」からKyashを使っている友達を読み込み

f:id:yoko500:20180807210335p:plain  f:id:yoko500:20180807210922p:plain  f:id:yoko500:20180807211018p:plain

 

3.送金相手を選択し、金額を入力して「確認画面へ」をタップ

  f:id:yoko500:20180807211049p:plain  f:id:yoko500:20180807211755p:plain

 

4.「スライドで送金」を下から上にスライドして完了

f:id:yoko500:20180807211908p:plain

  

②Kyashを利用していない人に送金する

1,2はKyashを利用している人に送金する場合と共通です。

 

3.金額を確認して「確認画面へ」に進む

f:id:yoko500:20180807212226p:plain

 

4.「スライドでリンクを作成」を下から上にスライドして完了

f:id:yoko500:20180807212405p:plain

 

5.作成したリンクをシェアする

f:id:yoko500:20180807212523p:plain

 

6.送金相手はリンク開いてKyashアプリをダウンロードしてお金を受けとる 

f:id:yoko500:20180807212753p:plain

 

Kyashで決済する方法

Kyashで決済する方法は以下の3つあり、ネットショッピングでもリアルな店舗でもVisaカード加盟店であれば決済に利用することができます。

①ネットショッピングでの決済
②リアルカードでの決済
Google Payでの決済

以下でそれぞれ詳しく見ていきたいと思います。

 

①ネットショッピングでの決済

ショッピングするサイトの決済画面で以下のとおり入力します。

・Kyash Visa カードに記載されている16桁の番号と有効期間を入力

・支払方法はクレジットカードの1回払いを選択

・セキュリティコードの入力が必要な場合はセキュリティコード番号(CVV)を入力

・名前の欄には「自分の名前」か「KYASH MEMBER」を入力

※分割払いやキャッシングは利用できません。

 

f:id:yoko500:20180806104330j:plain 

②リアルカードでの決済

クレジットカードでの支払いと同様です。

・Visa加盟店の決済時にカードを提示する

・本人確認のサインをする(不要な店舗もある)

※Kyash残高に不足がある場合は登録カードから自動的に充当されるので事前にチャージしておく必要はありません。

※Kyash残高がある場合は優先的に減算されます。

  

Google Payでの決済

f:id:yoko500:20180807214111p:plain

2018年夏以降にGoogle Payに対応予定であることがプレスリリースされてます。

これが実装されればQUICKPayが利用できる店舗ではスマートフォンだけで決済が可能になります。

どんどんキャッシュレス、ウォレットレスが進んでいきますね!

 

【追記】

2018年10月9日からGoogle Pay対応開始しました!

「Kyash」Google Pay™に対応開始!Google Payを利用したお支払いも2%還元 - Kyash NEWS   

キャッシュバックについて

Kyashは、「バーチャルカード」と「リアルカード」での決済金額の2%がKyashアプリの残高に還元されます。

2%還元はクレジットカードの中で業界最高水準です。

 

ただし、キャッシュバックの対象外になるケースがいくつかありますのでご注意ください。

<キャッシュバック対象外の決済>
◆寄付、公共料金、各種税金、ふるさと納税、年金、金券の支払い
◆買い物がキャンセルになった場合
◆1回6,000円未満のモバイルSuicaアプリでの購入・チャージ
WAONnanaco楽天Edyなどの前払式支払手段の購入・チャージ

キャッシュバックの2重取り

クレジットカードを登録しておけば、「クレジットカードの決済分」と「Kyashでの決済分」でポイントとキャッシュバックの二重取りが可能なのです。

 

私の場合は、Kyashに「楽天カード」を登録していますので、Kyashで決済することで、3%分の還元を受けることが可能です。

f:id:yoko500:20180808204752j:plain

 この【還元率の高さ】+【利用できる場所がものすごく多い】Kyashを利用しない理由が見当たりません。

この還元率が維持される限りは使い続けるでしょうね。 

 

さらにお得な他の決済手段との3重取りについてはインスタで紹介しました。

www.instagram.com

 

キャッシュバックの時期

キャッシュバック対象となる決済を行った翌月末にKyashアプリ残高にキャッシュバックされます。

 

キャッシュバックが完了したらお知らせメールが届きますので、忘れないうちにチェックしておきましょう。

 

f:id:yoko500:20180808211238j:plain

  

【!!要注意!!】利用制限について

Kyashは基本的に個人での利用が想定されており、金額面での制限が色々とあります。

事業ではなく個人が生活の中で普通に使用する分にはそこまで影響あるものは少ないですが、制限については確認しておきましょう。

 

<残高>

・ウォレットでの保有限度額は1000万円以下

 <送金>

・1回あたり5万円以下
・1ヶ月あたり10万円まで
・1回あたりに送金できるのは1人まで
・1回あたりに請求できるのは10人まで
<決済(購入)>
・24時間あたりに3万円以下
・1回あたり3万円以下
・1ヶ月に12万円まで
【追記】
アルカードを持っている方は、24時間あたり・1回あたりの上限が5万円に引き上げられました。
 
<その他>
・Kyash Visaカードの有効期限は5年間
・Kyash Visaカードの期限内の利用上限は100万円
※100万円を超えて利用してもKyash Visaカードを更新することで継続して利用可能。
※上限額が近くなったらKyashから案内が届くので安心です。
 

KyashとLine Payとの比較

Kyashと似たサービスを始めている企業にLineがあります。
Line社が行っている「Line Pay」との比較については、以下の記事に詳しく記載しています。
 

最後に

アルカードの登場や、Google Payの対応を控えますます勢いに乗るKyashをご紹介しました。
 
まだまだ一部のマネーリテラシーの高い層にしか知られていないですが、明らかにこれまでにないサービスをお得に展開していますので、口コミで広がっていくことは確実だと思います。
 
アルカードの発行にしても、相当な人気になっているようで、このブログを書いている現在では20日程度かかるようです(登場当初はすぐに届きました)。
 
利用者が増えれば増えるほど便利になるサービスだと思いますので、利用を検討されている方は早めに申し込みしておくことをオススメいたします。
 
ではでは、長くなりましたがこの辺りで終わりにします。
この記事をご覧いただいた皆様がよりお得に生活できるようになれば幸いです( ´ ▽ ` )ノ